アプシェ事業本部メディカル部
CMSL T. T.

2015年入社

01仕事の内容を教えてください。

創薬に多大な年月が必要な医薬品の限られたライフサイクルの中で、製薬会社はその中で医薬品の価値を最大限高めることを望み活動しています。たとえばAという作用のある医薬品にBの作用も認められれば、その医薬品の価値はさらに高まるのです。私のようなCMSL(コントラクト・メディカル・サイエンス・リエゾン)は、自社製品の普及を目的とするMRとは異なり、医学的・科学的な専門知識をもとにKOL(キー・オピニオン・リーダー)へサイエンティフィックなアプローチ。最新の医学・薬学情報をタイムリーに提供するほか、自社製品のみならず幅広い治療方法や医薬品の開発段階からの適正使用に関するディスカッション、臨床研究試験の支援などを通して、最終的にはスムーズな上市、医薬品の価値の最大化を目指しています。

02仕事のやりがいを教えてください。

CMSLの仕事はKOLとの面談がすべて。私は最新の学術論文などを入念に準備し、ディスカッションを通じてインサイトを獲得することで、KOLが医薬品の新たな有効性などの知見に気づく機会になればと考えています。そのため、私にもKOLと同程度の知識が必要であり、限られた時間の中で何を聞き、話すのかがとても重要です。実際、私との面談でKOLから「勉強になったよ」といった言葉をいただけたり、面談の内容がKOLの講演や論文などに活かされ、患者さまのためになる疾患領域の適切な治療の啓発につながったことも。このような活動が医薬品の価値を高める土壌を生み出し、やがてMRの活動にも結びつきます。リエゾンとは橋渡しの意味。社外ではKOLと製薬会社の絆、社内では開発部門と営業部門との絆を育む、CMSLだからこそできる仕事があるのです。

03ACメディカルに入社を決めた理由は?

これまで数社の製薬会社で、研究職以外のさまざまな職種を経験してきました。50代だったとはいえ、まだまだ製薬業界で新たなチャレンジがしたいと考えていた時、アプシェ株式会社(2016年1月にACメディカルと経営統合)がCMSLを中心に据えたメディカル部を立ち上げると聞きました。近年の業界の流れと同様に、私も適応外を含む幅広い情報提供など、MRや研究職の範囲外の仕事の分野に興味を持っていたため、チャンスだと思い転職を決意したのです。
また、何よりも患者さまのためになる活動を第一に考えていることも入社を決めた大きな理由です。

04ACメディカルらしさを感じるところは何ですか?

入社当初は、これまでの製薬会社での経験を活かし、CMSLを育成する仕事を担当していましたが、やはり自分でCMSLを経験しないことには、どんな言葉も説得力に欠けます。そこで上司に相談したところ、CMSLとして活動することを快諾してくださったのです。「やってみたい」という思いを実現できるようチャンスを与えてくれること、これが当社で働く魅力ではないでしょうか。また、メディカル部を早期に立ち上げ、情報交換のためのメディカル・アフェアーズ研究会を設立するなど、業界の方向性を読み、先見性のある事業をどこよりも先んじて展開していることも当社の強みだと考えています。

05今後のキャリアプランを教えてください。

現在はCMSLとして活動していますが、受託期間が終わり、この仕事に手応えが得られた後は、当初の目的通り、CMSLを育てることにもう一度携わりたいと考えています。今のサイエンティフィックな思考や活動、入念な準備やKOLへのアプローチ方法といった現場での経験が、必ず教育の場で活かせるはずです。CMSLやメディカル・アフェアーズへのニーズは今後ますます高まることが予想されますので、当社が業界に欠かせない存在へと成長することに、人材育成の分野から貢献したいと思います。

1日の流れ

  • 9:00
    メールチェック

    社内連絡事項確認、顧客宛のアポイント依頼等。

  • 10:00
    訪問準備

    情報収集(文献調査、訪問先の課題等の調査、学会情報収集、その他有益情報収集)。

  • 12:00
    昼食

    外で昼食を摂りながら同僚との情報交換。

  • 13:00
    移動

    電車内や機内でipadや必要資料に目を通し、訪問内容の最終チェックしながら移動。

  • 15:00
    面談

    前回訪問の課題解決/学会文献情報や研究テーマ等、サイエンス主体のディスカッション。

  • 17:00
    移動/帰社

    面談内容の振り返りと報告書作成。

  • 18:00
    退社

    通勤電車内では文献等の資料を読むことが多い。

応募者へのメッセージ好奇心と探究心がKOLの期待に応えるためのキーワード
CMSLの仕事は、時間を惜しまず物事を調べられる、好奇心や探究心のある方に合う仕事です。KOLにアポイントを取り、自分でスケジューリングする仕事ですので、日々の行動を自分でマネジメントしたい人にも最適です。