事業推進統括部 PJ推進部
CMR A. K.

2012年入社

01仕事の内容を教えてください。

医薬品は情報が伴ってはじめて製品の価値が認められます。私はこの思いを胸に、製薬会社のMRとして働いてきましたが、キャリア採用でアプシェ株式会社(2016年1月にACメディカルと経営統合)に入社しました。主に経験のあるオンコロジー(腫瘍・癌治療薬)領域のCMRとして、医薬品の有効性や安全性といった情報を医師や看護士、薬剤師の方々と面会し、お伝えすることで患者さまの健康に貢献してきました。入社から約3年が経ち、現在はCSO(Contract Sales Organization:医薬品の営業・マーケティング支援)を担う営業部に所属しています。製薬会社を中心に、CMRサービスの提案、契約業務などに携わっています。

02仕事のやりがいを教えてください。

CMR時代は、オンコロジー領域を担当していましたので、自分の仕事が患者さまの命に直結することに責任を持ち、誇りを持って医薬品情報の提供に取り組んできました。患者さま一人ひとりにとって何がベストなのかを常に考え、客観的に他社製品がベストであると判断した時は、医療に携わる一員として担当製品以外の情報も提供。だからこそ育まれた医師との信頼関係が、今も私のかけがえのない財産となっています。私がお伝えした情報が、患者さまの生存やQOL向上に役立ったと医師からお話しいただけた時には、CMRの仕事に大きな喜びを感じることができました。

03ACメディカルに入社を決めた理由は?

拠点が固定されがちな製薬会社とは異なり、CSOは勤務地の融通が利きやすいメリットがあります。プライベートの関係で地元大阪に戻る必要があったのですが、MRの仕事は続けたいと考えていましたので、CSOへの転職を決意しました。アプシェは、選考を受けたCSOの中でもっとも人を大切にしているように感じました。私はこれまでの経験を活かし、CMRの採用や教育・研修に携わりたいと考えていましたが、そのためのキャリアプランを具体的に示していただけたことも入社を決めた理由です。

04ACメディカルらしさを感じるところは何ですか?

当社はCMRに対するサポート体制が確立しているように感じています。当社ではプロジェクトを統括するマネージャー以外に、首都圏、近畿といったエリアごとにもマネージャーを置く仕組みがあり、エリアマネージャーとはフェイス・トゥ・フェイスで何でも相談できるのです。CMRだからといって、クライアント先で一人ではありません。ともに目的を共有する同志が身近にいることは心強かったですね。また、プロジェクト会議をはじめ、成功体験の共有やグループディスカッションを定期的に開催しているほか、スキル向上のためのプログラムも充実しています。MRとして15年以上の経験がありましたが、当社へ入社して、さらに成長できたように思います。

05今後のキャリアプランを教えてください。

CMRサービスの提案などを担う営業部の配属となったのは、CMRの採用・人材育成に携わりたいという私の夢を実現するための一歩です。これまで経験したことのない分野へのチャレンジに、今は期待感で胸がいっぱいです。CSOへのニーズが高まっている今、クライアントがCMRに求めるのは量よりも質です。ゆくゆくは、クライアントの思いに応えられる優秀なCMRを育成し、これまでとは違った立場から医療に貢献したいと考えています。

1日の流れ

  • 8:00
    出社・メールチェック

    提出物の漏れが無いか再度確認。前日の実績確認。

  • 9:00
    日報提出

    前日の訪問結果の報告。取得した説明会の申請等。

  • 10:00
    病院 訪問準備

    アクションプランを見直し必要な資材の読み込み、文献検索。

  • 12:00
    病院訪問①

    Drと面会。現在処方中の患者さまの確認。今後の治療方針の提案。
    候補症例の患者情報を聞き出し患者さまに合った治療方法の提案。薬剤の情報提供。

  • 14:00
    ランチ

    次の得意先に行く途中で食事。

  • 15:00
    病院訪問②

    薬剤部、看護師を訪問し情報収集。この情報を元に医師と面談することにより効率的に情報提供が可能となります。

  • 16:00
    病院訪問③

    病院の訪問ルールによりこの時間から訪問可能となる施設が増えてきます。MRのゴールデンタイムのスタート。
    昼の面談よりDrの余裕がある為、より踏み込んだ話し込みが可能となる。

  • 19:00
    直帰
応募者へのメッセージ「なりたい自分」を持って一歩を踏み出してください
当社には夢や希望を実現するために努力する人にチャンスを与えてくれる風土があります。「なりたい自分」をイメージし、ぜひ当社への一歩を踏み出してください。私もCMRの採用・人材育成に関わりたいという夢を、ここで実現します!